So-net無料ブログ作成

紫外線、ゲリラ豪雨どちらにも対応できる傘って便利ですよね【日傘】 [紫外線対策]

夏の強い日差し、紫外線対策に日傘を使われている方をよく見かけますね。昨年ぐらいから、日傘がとても流行ってきたように感じます。おしゃれな柄も増えてきて、どうしても「オバサンっぽい」という日傘のイメージも変わってきたのも影響しているのかな?と思いますね。


でも、日傘はあくまで「日傘」、太陽の日差し(紫外線)を防ぐことはできても雨を防ぐことは出来ません。ですから、雨用の傘は別に持ち歩く必要があります。最近、「ゲリラ豪雨」なんて言葉もありますが、昼過ぎまでは天気が良くても、突然大雨に降られる、ということが増えました。ですから、夏は「日傘」、「雨傘」どちらも欠かせないんですよね。できれば1本で両方の役割を兼ねてくれる傘があればいいなぁ、って思いませんか?


そんな思いに応えてくれる傘が出たんです。それが、森の木陰涼感UVカット日傘です。

この傘は、暑さの原因である熱線をしっかりカットしてくれ、日陰を作ってくれます。サーモグラフィーの画像でもその効果はひと目で確認できます。
その様子はこちらで確認できます>>森の木陰涼感UVカット日傘




もちろん、紫外線もしっかりカット、シミなどの原因になるA波、真っ赤な日焼けの原因となるB波どちらも95%カットしてくれます。つまり20分の1の強さに抑えられる、ってことですから、サンスクリーン剤に当てはめると、SPF20、PA+++に相当します。これなら、汗などで多少サンスクリーン剤が落ちてしまっても紫外線による影響を抑えることが出来ますので、安心ですよね。サンスクリーン剤はこまめに付け直すことが大事、とはいっても、街中ではなかなか付け直すことも出来ないですからね。まさか人前で付ける訳にもいきませんから。

なお、紫外線・熱線のカットには薬剤は使用しておらず、フィラメント糸を細かく織り込むことで実現しています。ですから薬剤へのアレルギーも心配ありません。


そして、撥水性も高いので、突然の雨、ゲリラ豪雨にも対応できます。柄も表がスカイブルー、裏面が木陰をイメージして、森の木陰をプリントしているので、とても涼しげなのもポイント。約60センチと大判なので、肩まですっぽり覆われるので、ぬれたり、二の腕の日焼けすることも心配する必要がありません。


日傘と雨傘、両方持ち歩くとけっこうな荷物になりますので、夏のお出かけには、これ一本にまとめられる森の木陰涼感UVカット日傘をぜひ試してほしいと思います。10日間の交換・返品保証付ですから安心して試せますよ!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

FX初心者はこちらへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。